« スケジュール表とぷち☆めだりおんご案内 | トップページ | うちのこ その2 »

ナルシス

20061 今回のテーマ「Narcissus」 

泉のほとり 水を求めに来た少年は
水の中に見つけた美しい人に 恋をしました
それが自分自身だと 気付かないまま
永遠に届かない恋に焦がれ
ついに 自分を見つめたまま息絶えました
憐れんだ女神は 少年を可憐な花に変えました
少年の名は ナルシス
花の名は 水仙
遠い昔の ギリシャのお話です

花材・・水仙(フォーチューン)、バラ(ブルーミルフィーユ、ラヴィンダ、ルナ)、SPバラ(センタートワ)、クリスマスローズ、グラジオラス(花かすみ)、ヒヤシンス、アストランティア(Aローマ)、アルストロメリア、モス 

ちなみに、、エコーという妖精が、ナルシスに恋をしますが、エコーは女神ヘラの怒りを買い、相手が最後に言った言葉を繰り返すことだけしか、話しができないようになっていました。
 エコーは、自分の愛をナルシスに伝えようとしますが、まともに話ができないこともあって、手ひどくふられてしまいます。
 ショックを受けたエコーは、洞窟に閉じこもり、最後には声だけの存在になってしまいました。。というお話も付属しています。

どちらもとてもせつないお話です。。

さて、今回のアレンジは、水仙=ナルシスが鏡に映るように花器セットをしています。そして濃い黄色の水仙を目立たせるため、反対色の紫を色を淡くして合わせました。ちょっと怪しげなこの色あわせが、せつない物語を幻想的に演出しています。

|
|

« スケジュール表とぷち☆めだりおんご案内 | トップページ | うちのこ その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。