« 第2回 ぷち☆めだりおん | トップページ | B型の彼氏 »

素敵な食器で楽しむランチ♪

tdh 今日は、先日ご紹介しました、東京ドームホテルのダイニング「DEUX MIL」のランチに行ってまいりました。

間崎先生がコーディネートされたRaynaudのお皿に盛り付けられたお料理の数々・・目に美しく、食べて美味しい、とても素敵なランチタイムを過ごせました。食器は「メタモルフォーゼ」というシリーズで、私が大好きな蝶の絵柄。それに合わせて蝶々のカーディガン&チョーカーをしていきました(ちょっとやりすぎかな・・)

まず最初に「初春の有機野菜一口オードブル」が出されました。のびる、つくし、たらの芽などの春のお野菜がとても美味しかったです。

↑前菜は「赤座海老のバリグールと春の温野菜香草添え」ソースに豆板醤が使われていて、ちょっぴりチャイナテイスト。とても美味しかったです。

soup 続いて「地蛤のコンソメ 京水菜のハリハリ鍋風一口スープ」が可愛いエスプレッソカップでサーブされました。

このカップは遠くから見ると宙に浮いているようで、とても面白いデザイン。

ソーサーの部分はエッグスタンドとしても使えるそうです。

mainメインは「江戸前真子鰈のポワレ カリフラワーのパン粉焼き 軽いカレー風味の春菊ソース」

こちらも春の香りのする一品でした。

desertそして、最後はワゴンデザート♪好きなものを好きなだけ、、と言われてつい欲張っちゃいました☆

今回、主人と一緒に行ったのですが、彼は綺麗な食器より、窓の外に見える後楽園のヒーローショーが気になったみたいで、「お、戦ってる」とか「今火花が散った!」とか言ってはしゃいでました。一緒に行く人を間違えた~★

お皿とお料理のコラボレートはとても素敵な企画だと思います。またぜひこういうお食事をいただきたいなと思いました。

先日ドームで間崎先生とお話しているところに、偶然横浜のエリスマン邸の館長さんがいらっしゃいました。これも何かのご縁ということでお話が弾み、今度一緒にお仕事できたらいいね、と間崎先生がおっしゃってくださいました。憧れの先生と一緒にお仕事なんて夢のよう♪実現したらいいな~☆

「レイノー・メタモルフォーゼ」f_03

名前は「変身」を意味します、フランス人の新進デザイナーマリナ・シャストネ氏の作品。生き生きとした蝶やトンボと、大胆なゴールドのコントラストが詩的なデザインです。和からモダンな食卓まで、さまざまな場面で活躍します。

|
|

« 第2回 ぷち☆めだりおん | トップページ | B型の彼氏 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。