« ホテル | トップページ | 香格里拉へ »

茶馬街道

Tea1_1 今回は「お茶のルーツの旅」ということでこの地を選びました。

紅茶などを習っている方はご存知だと思いますが、茶の原産地は雲南省・四双版納(シーサンパンナ)とされています。麗江よりも南に下ったミャンマーとの国境地帯です。

古くは陸のシルクロードとして、交易の中継地点だった雲南の地には、「茶馬街道」と呼ばれる道が存在します。

現在はプーアール茶の産地としても有名です。

←途中立ち寄ったお茶屋さんで積まれていたプーアール茶の塊。

近年のお茶バブルの影響のせいか、一番高いものは1枚2万円近くしていました。(1~2番は高くて買えなかったので、3番目のものを購入してきました。それでもかなり美味です!レッスンのウェルカムティーでお出ししますね♪)

Tea2 その他中国全土のいろいろな種類の茶葉がずらりと並んでいます。お茶のほかにも「三七」というハーブやバラ茶、クロレラなども売られていました。

ちなみに、トンパ文字で「茶」は・・

 

Teatonpa_2 ←こう書きます!

ちゃんとお茶碗の中で茶葉が開いて、色が出ているのがカワイイ☆

|
|

« ホテル | トップページ | 香格里拉へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。